理学療法士・作業療法士になるには

理学療法士・作業療法士はリハビリテーションを行う代表的職種です!

 

このサイトでは理学療法士・作業療法士になりたい皆さんのために
必要な情報を掲載しています。

 

 

理学療法士や作業療法士になるためには、

 

まずは高校を卒業後、
国の指定した養成校で3年または4年間学び、卒業することが必要です。

 

養成校を卒業すると国家試験試験受験資格が得られ、
国家試験に合格すると、理学療法士や作業療法士免許証が交付され、
はれて理学療法士・作業療法士になることができます。

 

また、現在のところ、一度取得した免許証は一生使用することができます。

 

 

すでに理学療法士や作業療法士の資格を持っている人は、
養成校で2年以上学べばそれぞれもう一つの受験資格が得られます。

 

 

理学療法士・作業療法士の養成校は日本全国の都道府県にほぼ存在し、
4年制大学、短期大学、専門学校(3年制・4年制)と種類も多くあります。

 

 

就職先は、病院や介護保険施設(介護老人保健施設や特別養護老人ホームなど)が多く、
就職先を選ばなければ、今のところ就職率は100%です。

 

 

理学療法士や作業療法士という仕事は、
医師と同じで人の命を救う仕事です。

 

腕の善し悪しにより、
患者さんのその後の人生がまったく違うものになります。

 

ですので、もし理学療法士や作業療法士を目指すのであれば、

 

「国家資格だから」、
「生活が安定しているから」、
「職に困らないから」

 

といった理由ではなく、
ぜひ困っている人たちのために本気になって向かい合っていただきたいと思います。

 

自分が患者さんやその家族の立場だったら
腕がよくて仕事に真剣に向き合っている人に担当してほしいですものね。