理学療法士、作業療法士は開業できるか?

最初に答えをいってしまえば、

 

理学療法士、作業療法士という資格(免許)を用いて、医師などのような形で、開業することはできません。

 

 

理学療法士及び作業療法士法によれば、

 

第二条
3  この法律で「理学療法士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、理学療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、理学療法を行なうことを業とする者をいう。
4  この法律で「作業療法士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、作業療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、作業療法を行なうことを業とする者をいう。

 

とあります。

 

つまり、PT・OTとしての開業権は認められていません。

 

開業して単独で理学療法や作業療法を行い、医療保険や介護保険を請求することもできません。

 

ただし、理学療法士、作業療法士として培った知識・技術をもとに、起業している方はいます。

 

治療院を開いたり、訪問看護ステーションを開設したりしている方が増えては来ていますが、PTやOTになりたてですぐに起業するのは難しいですし、PTやOTの免許を用いて起業しているわけではありません。