理学療法士、作業療法士国家試験概要

卒業する年の2月下旬に理学療法士または作業療法士国家試験を受験します。試験に落ちた場合、卒業後の翌年に受験することもできます。さらに落ちてしまった場合、その翌年に受験することもできます。

 

試験科目以外は基本的に理学療法士、作業療法士とも一緒です。

 

 

第52回理学療法士・作業療法士国家試験 情報

 

試験日

(1)筆記試験
平成29年2月26日(日曜日)

 

(2)口述試験及び実技試験(点字試験受験者のみ)
平成29年2月27日(月曜日)

 

※試験は筆記試験のみで、実技試験はありません(点字試験受験者を除く)。

 

試験場所

(1)筆記試験
北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県

 

(2)口述試験及び実技試験(点字試験受験者のみ)
東京都

 

※自分の入学した養成校の場所により受験地が決まります。

 

試験科目及び試験方法

 

T.理学療法士
(1)筆記試験
一般問題及び実地問題に区分して次の科目について行う。ただし、重度視力障害者(両眼の矯正視力の和が0.04以下又は両眼による視野が10度以内で、かつ、両眼による視野について視能率による損失率が95%以上の者)に対しては、実地問題については行わない。また、重度視力障害者に対しては、点字、試験問題の読み上げ又はその併用による受験を認める。弱視者(良い方の矯正視力が0.15以下又は両眼による視野について視能率による損失率が90%以上の者)に対しては、弱視用試験による受験を認める。

 

ア.一般問題
解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む。)、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び理学療法

 

イ.実地問題(実技試験ではありません)
運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び理学療法

 

(2)口述試験及び実技試験
重度視力障害者に対して、筆記試験の実地問題に代えて次の科目について行う。運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び理学療法

 

合格発表日

平成29年3月29日(水)

 

 

U.作業療法士

 

試験日、合格発表日、試験場所は理学療法士と同様です。

 

(1)筆記試験
一般問題及び実地問題に区分して次の科目について行う。ただし、重度視力障害者(両眼の矯正視力の和が0.04以下又は両眼による視野が10度以内で、かつ、両眼による視野について視能率による損失率が95%以上の者)に対しては、実地問題については行わない。また、重度視力障害者に対しては、点字、試験問題の読み上げ又はその併用による受験を認める。弱視者(良い方の矯正視力が0.15以下又は両眼による視野について視能率による損失率が90%以上の者)に対しては、弱視用試験による受験を認める。

 

ア.一般問題
解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む。)、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法

 

イ.実地問題
運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法

 

(2)口述試験及び実技試験
重度視力障害者に対して、筆記試験の実地問題に代えて次の科目について行う。運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法