運転免許の用意

運転免許証は、すべての理学療法士・作業療法士に必要というわけではありませんが、取得していないと困る職場や地方があります。

 

以下のような場合には特に運転免許証が必要になります。

 

就職してから運転免許証を取得していたのでは遅すぎますし、また就職したばかりの時は何かと忙しく取得するような時間もないかもしれません。

 

公共交通機関の発達していない地方

電車やバスなどの公共交通機関が発達していない地方において、通勤や家屋訪問調査(患者の自宅に訪問して家屋状況や動作実行状況などの調査を行い、家屋改修指導や動作方法などを指導すること)を自動車で行う場合。

 

病院や施設によっては、自転車通勤を除き、ほぼ100%自動車通勤というところもあります。

 

訪問リハビリテーションに従事する場合

都市などでは、自転車やバイク、電車などを使って行っていることもあるそうですが、地方においては自動車は必須です。

 

また、各種道具などを持って行く場合もありますので、いずれにしても自動車が便利です。