理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の違いは?

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士はすべてリハビリテーションを行う代表的な職種です。

 

 

理学療法士は、英語ではPhysical Therapist(フィジカルセラピスト)といいPTと略すことがあります。

 

 

作業療法士は、英語ではOccupational Therapist(オキュペイショナルセラピスト)といい、OTと略すことがあります。

 

 

PT、OT以外にリハビリテーションの専門職には、言語聴覚士があります。

 

言語聴覚士は、英語ではSpeech Therapist(スピーチセラピスト)といい、STと略すことがあります。

 

 

ちなみに、資格名ではなく、実際に行う治療である、理学療法(Physical Therapy)や、作業療法(Occupational Therapy)、言語聴覚療法(Speech Therapy)のことも、それぞれ「PT」、「OT」、「ST」と略して言います(例えば、理学療法士も理学療法もPTと略す)。

 

 

さて、各職種の違いを簡単に説明します。

 

理学療法士は、基本動作(寝返る、起き上がる、座る、立ち上がる、歩くなど)の習得を目指します。
また、下肢(脚や足)に関する担当という言われ方をすることもあります(OTのいる病院などでは、PTが下肢に対する麻痺や怪我に対応し、OTが上肢に対する麻痺や怪我に対応、というように役割分担していることがあるため)。

 

作業療法士は、日常生活動作(食べる、排泄する、着替える、身だしなみを整える、入浴するなど)の習得を目指します。
また、上肢(腕や手)に関する担当という言われ方をすることもあります(上記参照)。

 

 

言語聴覚士は、食べ物を飲み込む(嚥下:えんげ)、言葉を話す・聞く・書く・読むなどの障害がある方に対して、その改善を目指します。
また、言葉に関する担当という言われ方をすることもあります。

 

 

いずれの職種にしても、習得を目的とする動作(例えばOTでは日常生活動作)をいきなり直接練習するのではなく、それらを障害している要素を分析して、より基礎的な練習から始めることも多くあります。

 

例えば、スポーツのサッカーでも、シュートがうまくなるために、シュートだけの練習をするのではなく、ランニングや筋力強化トレーニングを行うのと同様です。