理学療法士・作業療法士の職場の種類

理学療法士・作業療法士の就職先は、保健、医療、福祉、教育、スポーツなどの分野です。

 

この中で圧倒的に多いのはやはり医療分野です。
もし分野を移動する場合には、最初に医療分野で働き、その後、他の分野に行く人が多いです。

 

医療機関には、大学病院、総合病院、専門病院、リハビリテーションセンター、診療所、医院、クリニック等があります。

 

医療福祉中間施設には、介護老人保健施設、介護老人福祉施設、デイケアセンター、訪問看護事業所、訪問リハ事業所などがあります。

 

福祉施設には、特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、肢体不自由児施設、肢体不自由児通園施設、重症心身障害児施設等があります。

 

教育・研究施設には、養護学校、研究施設、理学療法士・作業療法士教育施設(大学・短期大学・専門学校)等があります。

 

行政関係施設には、身体障害者更生援護施設、身体障害者更生施設、身体障害者療護施設、障害者更生相談所、保健所、保健センター、福祉センター、行政(市役所・町役場の保健・福祉関係)等があります。

 

スポーツ分野には、プロ野球やサッカーチーム等があります。