理学療法士・作業療法士は楽しい仕事か

理学療法士や作業療法士は、資格を取るのも簡単ではありませんし、働き出してからも大変なことがたくさんあります。

 

しかしながら、理学療法士や作業療法士は、それらの大変さ以上に楽しい仕事です。

 

以下に理学療法士・作業療法士という職業の楽しさについて説明します。

 

 

治療を行うことができて、患者さんが改善する

勤務先にもよりますが、最も多い病院勤務の人にとって、最大の楽しさは、

 

「直に治療できて、その結果として患者さんが改善していく」ということでしょう。

 

座ることすらできなかった人が、一人で歩き、身の回りのこともできるようになって退院する。
このような体験をすると、「本当にこの仕事をしてきて良かった」と思います。

 

回復度合いの大きい時期には、一日一日改善していくのが目に見えてわかります。

 

そして、このような治療はほとんどの医師には決してできないことなのです。

 

まだ医療業界に携わっていない方にはわからないかもしれませんが、医師というのは万能ではありません。

 

医師というとすべてを知っていて、何でもできるように思われるかもしれませんが、ぜんぜんそんなことはないのです。

 

その一般的には病院の中で最も高い地位にいる医師でさえできない治療が行えるのです。

 

もちろん医師にしかできないことは多々あります。
知識的にも技術的にも、我々リハビリスタッフのできないことをたくさん行えます。

 

でも、手術が終わって、まったく座れない・立てない状態の患者さんを、どのように一人で歩いたり、日常生活ができるようにするか、ということはほとんどの医師にはわかりませんしできません。

 

そのようなことが可能な理学療法士や作業療法士はすごい技術を持った人たちなのです。

 

 

直接的に人の役に立つ

理学療法士や作業療法士が対象としているのは、基本的には、身体に障害を抱えて困っている人たちです。

 

患者さん自身もそうですし、そのご家族など関わっている方もそうです。

 

その困っている人たちに対して、直接的に関わり、その解決のお手伝いする仕事です。

 

モノを造る・運ぶ、料理を提供する、などなど、どの職業でも何らかの形で人の役に立っていると思いますが、

 

病気や障害で困っている人というのは緊急性や必要性が高く、そのような深刻な悩みを解決する職業というのは、職業の中でも特に相手に喜ばれる仕事です。

 

実際に、仕事を行っていると、心の底から感謝される、ということがよくあります。

 

このように、人の役に立つ職業において、その中でも最も感謝される職業のひとつといえるでしょう。

 

 

治療に関して、裁量の幅が広い

リハビリテーションの一種である、理学療法や作業療法は、医師からの処方がないと行うことができません。

 

医師からの処方というのは、薬と似ています。

 

薬は、医師が患者さんの病状を判断して、どのような薬をどれくらいの量、どのように飲むのかを指示(処方)します。

 

リハビリテーションもこれと基本的には同じで、医師が患者さんの状態を診て、リハビリテーションの必要性を判断し、どのリハビリ(理学療法?作業療法?言語聴覚療法?)が必要かを決めて、リハビリの内容や期間、目標などを指示(処方)します。

 

しかし、前述のとおり、リハビリについて詳しい医師ばかりではありません。

 

ですから、その指示内容は実際にはかなり大雑把なものになることが多くあります。

 

特に理学療法や作業療法の具体的な内容については詳しく指示しないことが多いのです。

 

そこで、我々、理学療法士や作業療法士は、リハビリの具体的内容を自分たちで決めるために、患者さんの状態を評価し(評価というのは診察や検査のようなもの)、状態を把握し、リハビリテーションの内容を決め、毎日リハビリを行っていく中で患者さんの状態の変化に合わせてリハビリ内容を更新していきます。

 

このように理学療法士や作業療法士はリハビリ治療に関して、裁量の幅がとても大きくあります。

 

また、それは責任も重いということでもあります。

 

 

他者の人生を変える仕事

一般的に、
リハビリテーションというと、病気が一段落ついた後に行うものであり、医師が行う手術や急性期治療のように生命を左右するようなものではない、という認識の方が多くいると思います。

 

しかし、リハビリテーションの善し悪しによって、患者さんのその後の人生が大きく変わり、ひいては生命予後にも影響することがあるのです。

 

例えば、患者さんがご自宅に帰れるかどうかをご家族が判断する時、「トイレや家の中の歩行が一人でできること」を条件に挙げるご家族が多くいます。

 

トイレができて、一人で歩いてくれれば家でなんとか面倒がみられる、というわけです。

 

そうすると、この患者さんはリハビリの成果があがり、それらが一人で可能になればご自宅に帰ることができますし、逆にリハビリの成果があがらず、トイレや歩行に介助が必要ならば自宅ではなく施設に入所ということになります
(実際にはもっと複雑な要素が多々あります)。

 

患者さんもご家族も望まれてご自宅に帰ることができた場合、幸せな気持ちで生活することができ、生活全般に活力があって、何事にも積極的になります。

 

高齢者の場合には、不活動による廃用症候群の影響が大きいので積極的な生活が重要です。

 

多くの人が生活する施設と異なり、自宅では、本人専用に手すりの位置などを改造することもできますし、ご家族がいくらでも歩行を介助したり、ご本人用の食事を作ることも可能です。

 

結果的に、新たな病気や障害を生じることなく、幸せに人生を過ごすことができます(一例です)。

 

 

本人やご家族が望まない中、障害によって仕方なく施設に入所した場合、患者さんは気持ちが沈みがちになりますし、高齢者は環境の変化によって認知症症状が出てくることもあります。

 

気持ちが沈みがちになると不活発な生活となり、廃用症候群(不活発な生活により生じる全身の様々な障害の総称)を引き起こす原因となります。

 

高齢者にとって廃用症候群は死亡の遠因ともなる恐ろしいものなのです。

 

また、施設では一人の患者さんだけに合わせた環境の改造はできませんし、人手が足りないために、その患者さんが歩きたい時に歩きたいだけ一緒に歩く、といったようなご家族のような対応もできず、利用者さんの活動量が施設側の要因で制限されることもあります。

 

結果的に、新たな病気や障害が生じ、生命予後が悪くなります(一例です)。

 

 

また、リハビリの成果によって、患者さんの歩行や日常生活が自立するか否かによっても、その後の人生が変わってきます。

 

歩行や日常生活の自立は、患者さんの退院先に影響することは前述したとおりですが、それだけではなくもっと直接的な影響もあります。

 

「自立」というのは、単純に動作が一人でできる、ということではありません。
誰かが側で見守っていなくても安全に一人でできる、ということです。

 

この一人で行っていいのか、誰かがついていないとしてはいけないのか、というのは、同じ動作としては一人で可能、といっても意味が大きく異なります。

 

本当の意味で自立していて、歩くことや日常生活を一人で行える場合、自分の意思で自分の行いたい時に行いたいだけ行うことができます。

 

つまり、活動量を多くすることができます。

 

反対に、自立しておらず誰かがついていないと動作が行えない場合(一人では行ってはいけない場合)、活動量が、その誰か、に影響されてしまいます。

 

側で見守る人が日中仕事で不在であれば日中は活動することができませんし、忙しければ活動する頻度が減ります。

 

患者さんと見守る人の体格差があれば、活動する内容が制限されてしまいます。

 

このように自立していれば活動量を増やすことができ、そのことによって、体力が維持され、また、さらに能力が向上していくこともあります。

 

自立していなければ、状況によっては、徐々に体力が低下していき、はじめは見守るだけで済んだものが徐々に直接的な介助が必要となり、ひいてはまったく歩けなくなってしまう、ということもあり得ます。

 

つまり、理学療法士や作業療法士の腕の善し悪しによって、患者さんが自立するかどうかが決まり、それが患者さんのその後の人生に影響を与えるのです。