理学療法士・作業療法士の適性

よく理学療法士、作業療法士の適性について質問を受けることがあります。

 

これはとても難しい質問です。

 

人間の能力は、高まる人、変わらない人、落ちていく人がいますし、養成校や職場の環境によっても、能力が発揮できたり、できなかったりという要素もあります。

 

ましてや、これからPT・OTの養成校に入学する高校生の段階では適性のありなしを判断するのは無理かもしれません。

 

しかしながら、PT・OTは専門職であり、その養成校は一般の大学と違って、つぶしがきかないため、進路を失敗したくないとう気持ちから、入学前に判断したい気持ちもよく分かります。

 

ですので、ここでは、PTやOTという職業の特性をふまえ、職業に求められる能力について挙げてみます。

 

理学療法士や作業療法士には、こんな能力が必要なんだなぁ、と参考にしていただければと思います。

 

 

他者との協調性

どの職業においても共通していそうですが、PT・OTにとっても求められる能力です。

 

PT・OTも人と接することが多い職業です。

 

リハビリテーションはチーム医療であるため、病院内や施設内の他の職種との連携が不可欠で、日常的に多くの職種とコミュニケーションを図る必要があります。

 

直接的な対象者である患者さんや利用者さん、そのご家族とも毎日接することになります。

 

 

感情コントロール

PT・OTは感情労働者です。
(→理学療法士・作業療法士の大変さ 参照)

 

PT・OTには、患者さんや利用者さんへの直接的なリハビリテーション実施の他にも、カルテ記載・リハビリ計画書作成・教育活動・研究活動など多岐にわたる業務があり、職場によってはかなりストレスの多い仕事です。

 

それらの仕事上のストレスや私生活でのストレスなどを患者さんへのリハビリテーションの場に持ち込まないだけでなく、高次脳機能障害(認知症含む)や、我が儘な性格の患者さん・ご家族に冷静に対応しなければならなかったりします。

 

さらに、ただ冷静に接するのみでなく、心の不安を強く持っている障害者である患者さんに対して、それらの不安を和らげ、前向きにさせるような対応も求められます。

 

 

幅広い教養

基本的に、リハビリテーションは毎日長時間、かつ長期間にわたって行われるものです。

 

患者さんと一緒に毎日行うリハビリテーションの時間には、ただ黙々と運動を行うばかりではありません。

 

患者さんの世代にも合うような会話術も必要です。

 

そのような会話をすることによって、患者さんとPT・OTの間に親近感や信頼感が生まれてきます。

 

リハビリテーション医療においては、患者さんの身体だけでなく、ご家族や自宅など多くの関連した情報が必要になってきますが、患者さんは、信頼関係がないうちは、本当のことを話してはくれませんので、このような会話などを通じて信頼関係を構築していくのは大事なことなのです。

 

そこで活きてくるのが、自分とは世代の違う人たちと話せる力です。

 

 

患者さんに通じる常識力

リハビリテーションの主たる対象者である高齢者やそのご家族は、若い人たちとは、常識に対する考え方が異なります。

 

自分たちの考えではなく、患者さんの考える常識を守れることが必要です。

 

例えば、髪の毛の色・長さ、ひげ、化粧、香水、話し方などなど。

 

なぜ常識力が重要なのかというと、患者さんやご家族との信頼関係に影響してくるからです。

 

信頼関係ができていないと、何をしてもよく思われません。
このことは、同じことをしても、クレームがでるかでないか、ということにもつながります。

 

逆に信頼関係ができていれば、多少のことは大目に見てもらえます。

 

また、リハビリテーションは、患者さんが自ら行う能動的医療です(薬や手術は患者さんが受ける受動的医療)。

 

ということは、患者さんがヤル気になってくれるかどうかが、リハビリテーションの結果がでるかどうかに大きく関わってきます。

 

信頼関係のないPT・OTからの指導は受け入れてくれませんし、患者さんも真面目にリハビリをやってくれません。

 

信頼関係ができているPT・OTからの指導は快くきいてくれます。

 

つまり、患者さんとの信頼関係の構築は、結果の出せるPT・OTの条件であり、その信頼関係構築のひとつの要因が常識力なのです。

 

 

共感する心

PT・OTは、大きく儲けることができない職業です。

 

また、自身のスキルをアップさせても、スキルが下の人と比べて大きく給料に差がでません。
(→理学療法士、作業療法士は儲かる仕事か? 参照)

 

それでは、給料も上がらないのに、日々の学習や、研修会などに行って自分の能力を高めるのは、何のためでしょうか。

 

それは、患者さん(利用者さん)やご家族のためです。

 

困っている人の力になる。そのために努力するのです。

 

自分が患者さんの立場だったら、家族の立場だったら、どのようなPT・OTに、どのようなリハビリテーションを行ってもらいたいか。

 

患者さんやご家族の置かれている状況や気持ちを、自分や自分の家族のことのように共感できなければ、いいPT・OTにはなれません。

 

 

向学心

PT・OTは、大変な努力をして、国家資格を取得しても、それはスタートに過ぎません。

 

実際に働いてみるとわかりますが、養成校での勉強や、国家試験勉強だけでは、働き出してから、まったく知識・技術が足りません。

 

さらに、人間の体はまだ不明な点が多く、答えがありませんので、常に新しい知見が出てきます。

 

このようなことから、PT・OTは、その職業に就いている間、ずっと勉強し続ける必要があり、ずっと勉強し続られる忍耐力・耐久力がが求められます。