理学療法士、作業療法士養成校の選び方

理学療法士や作業療法士になるためにどの学校を選んだらいいかということですが、いろいろな観点があります。

 

資格をとる

卒業すると理学療法士・作業療法士国家試験受験資格が得られるという面ではどの学校も同じです。

 

 

国家試験合格対策

国家試験に対する勉強にかけられる時間が各学校のカリキュラムの違い(臨床実習の終了時期、卒業試験の有無など)により異なりますが、概ねどの学校も合格率はいいので、それほど気にしなくてもいいと思います。

 

四年制の学校の方がカリキュラムに余裕があるので、国家試験対策に専念できる時間が多くなります。

 

 

学費の違い

国公立と私立ではやはり学費は異なります(国公立の方が安い)。

 

また、3年制と4年制では当然ですがトータルの学費は異なります(3年制の方が安い)。

 

 

3年制と4年制の違い

年数の違いはカリキュラムの違いになって来ます。

 

また、年数というよりも学歴の違いとして、専門学校は専門士、短大は準学士、大学では学士が取得できます。

 

学歴の違いは病院(施設)によっては給与の違いとなるところがあったり、将来、国公立系の教育機関に就職する場合、または、大学院に進学する場合は学歴が必要になることもあります。

 

 

新設校かどうか

すべてにあてはまるわけではないことを断った上で、新設校(最近できた学校)は臨床実習を行ってもらう施設の確保が難しく、実習施設の質が低いことがあります。

 

また、特に私立の新設校は教員の確保が難しいことが多く、教員の質も低いことがあります。

 

 

定員の数

定員は多い方が、やはり一人一人に対する教育の質は低下する傾向にあります。

 

理学療法士や作業療法士は技術職でもあるため、定員が多いとどうしても学内実習設備の不足や教員からの実技指導機会の低下が起こりやすくなります。

 

 

入学の難しさ

ひと昔前は、理学療法士や作業療法士の養成校の数が少なく、定員もわずかであったため、倍率が10倍や20倍といったところも少なくありませんでした。

 

そのため、学校によっては、東京6大学に入学するよりも難しい、と言われた時代もありました。

 

しかし、現在では、養成校の数や入学定員が大幅に増えたために、学校を選ばなければ入学することは簡単になりました。

 

俗に「全入時代」と呼ばれています。

 

入学するのが難しくても簡単でも、国家試験受験資格を得るためだけであれば、どの養成校を選んでもいいのですが、実習に訪れる学生を見ていると、明らかに養成校によって、学生の質に差があるように見受けられます。

 

その原因の一つに、入学前からの学生の能力に差があるように推察しています。

 

確かに、養成校によって、入学後の講義内容やカリキュラムにも差があるとは思いますが、それ以上に入学する学生に差があるのだと思います。

 

一概には言えませんが、入学するのが簡単な養成校を選択したのは、

 

「学力が低い人たち」
「勉強することや挑戦・努力から逃げた人たち」

 

という学生だった可能性があります。

 

そうすると、入学後も、同じ様な質の学生ばかりの集まりとなるため、日頃の会話の内容や持っている志、相手から受ける影響などによって、さらに養成校間で差が開いていくことになります。

 

養成校の時のクラスメートは、一生の友人やライバルになるわけですから、質の高い友人を得るためにも、私は、入学する時は大変かもしれないけれど、長期的に考えて、入学するのが難しい養成校を選んだ方がいいと思います。